株式トレードによる利益に加えてお得な優待制度を受けられるエムシーホームに関する情報をはじめ、知って得する様々な株主優待情報をお届けいたします。当サイトを活用して、ぜひ賢く株式取引を行ってください。

証券会社株主優待分散に関する疑問

株主優待制度を利用すれば、株を保有しているだけで、その株を発行している株式会社独自の特典を受けられます。株主優待制度の内容を基準に、銘柄選びをする投資家もいるほど人気がある制度です。
しかし、証券会社株主優待分散の状態である場合には、どのような扱いになるのでしょうか。
株式の取引ができる証券会社の口座は、複数所持することができます。証券会社ごとに取り扱っている銘柄には違いがありますが、複数の証券会社で取引が可能となっている銘柄はたくさん存在します。
この複数の証券会社の口座を所持している場合に、証券会社株主優待分散が起こる可能性があるということです。
株主優待制度のある多くの株式会社では、株主が保有する株数に比例して多くの特典が得られるようになっていますが、株数によって中途半端な特典になってしまったり、ある程度の株数を超えると特典の恩恵がそれ以上増えないことなどがよくあります。
証券会社株主優待分散の状態を活かして、特典の恩恵までをも上手く分散し、2重に得をするやり方ができるのではないかと、考える人もいることでしょう。例として、100株~200株を保有している人に対して優待券が1枚付与される条件であった場合、2つの証券会社に100株ずつ分散して、優待券を2枚受け取るといった方法です。
残念ながら、この方法を実践しても、優待券は1枚しか付与されません。証券会社ごとに同じ銘柄の株を分散しても、株式会社側には株主単位で登録されるからです。
但し、家族で保有すれば別です。夫婦で同じ銘柄の株を100株ずつ保有していれば、夫と妻、それぞれ1枚ずつの優待券が送られます。このテクニックを利用すれば、お得に優待の権利が得られます。